エンライズグループの情報発信メディア
「エンライズ通信」

読みもの

宮城県仙台市にある、ひと際カラフルな外観のビル。

それがエンスペース株式会社が運営するシェアオフィス・コワーキングスペース「enspace」です。

2018年にできたenspaceは、東北最大級の大きさを誇り、シェアオフィス・コワーキングスペースとして場所を提供するだけでなく、お客様の要望に合わせてバックオフィスサポート「エンサポ」や交流会の開催などによるコミュニティの提供、仙台市と連携した起業・創業支援をおこなっております。

今回は、事業責任者の可野さんに4月におこなったリニューアルの様子や、インターン生を多く抱えるエンスペース株式会社(以下、エンスペース)を運営する上での人の育て方、考え方についてを2本立てでご紹介いたします。

「お客様のために、仲間のために、プロとしての仕事を」

長谷川:
エンスペースはインターン生を多く採用していますよね。

可野さん
はい。地元の大学に通っている学生たちがインターン生として活動してくれています。

長谷川:
インターン生の採用基準はなんですか?

可野さん
エンスペースのインターン生は、お客様対応、つまりカスタマーサポートがメインだと思っています。

エンスペースで何をしたいですかという質問をしたときに、自分がしたいことだけでなく、自分がすることによってお客様にどうなってほしいのかが言える人を採用したいですね。

お客様を想像出来ている人というのは採用する上での一つの基準になっています。

もう一つは、「面白いかどうか」です。この面白いはあくまでも私の主観で、面白い考え方をしているか、面白い経験をしてきているか、というのを見ています。

最後に、どこの企業もそうだと思いますが、仲間やお客様を大切にしてくれるというのは、必須条件になりますね。

エンスペースのバリューは、「お客様のために、仲間のために、プロとしての仕事を」です。この価値提供ができるためには仲間や先輩に敬意を払えないといけないし、どのお客様に対しても平等に接することが出来る人が求められます。

長谷川:
「面白い人」というのは、なぜですか?

可野さん
色々なお客様を活かすために、はたらく側にも個々のキャラクターは必要なものだと思っていて、バリエーションを豊かにそろえる必要があると思っています。

同じようないい子たちがいても、マネジメント面では良いかもしれないですが、お客様からしたら面白くないので、お客様が誰かしらにハマる状態をつくっていくために、面白いと思う学生は採用するようにしています。

でも、本質を見失ってはいけないので、自分が提供するのは受付の対応や掃除することではなく、それはあくまでも手段で、お客様により良いユーザー体験を提供することがお仕事というのを理解していることが重要ですね。

お客様が喜んでくれて初めて意味があるので、ちゃんとお客様を想像出来ている人というのがやっぱり欠かせないですね。

一緒に学生たちを育んでくれている環境

長谷川:
可野さんが思う、エンスペースではたらくことの魅力はなんでしょうか?

可野さん:エンスペースのインターンは、技術的なスキルがすごく成長するというより、人間として成長することが出来るかなと思っています。

色んな企業さんに気軽に聞きに行ける環境だからこそ、早い段階で働く社会人の苦悩を理解するのは早いですね。

興味のある職種が決まっている子たちは、その職種の人たちが余裕のあるタイミングでダイレクトに話を聞きに行ったりしています。早い段階で社会を知ることが出来ているのは利点として大きいと思います。

長谷川:
話を聞くだけでなく、色々な企業の方の日常を身近でを感じることが出来るのは貴重な体験ですね。

可野さん
エンスペースは学生がメインで運用しているということを利用者様も理解してくれているので、一緒に学生たちを育んでくれているというのはありがたいと思っています。

長谷川:
一緒に育むというのは、どのようなことですか?

可野さん
例えば、社外の人と話をするときは、社内の人間を呼び捨てにするというビジネスマナーがありますが、はじめはそれを知らない学生も多いので、あとでお客様からフィードバックをいただいて、次回から気を付けます、なんてやり取りがあったりします。

言葉使いなど、いたらない日本語があったとしても、学生が一生懸命それっぽい言葉を使おうとしているのをお客様がくみ取ってくださっています。

エンスペースに入居しているお客様は、少なからずエンスペースのコンセプトに共感してくださっているので、地域の全体の成長・活性化をする上で、若手人材の育成というのは欠かせない、将来この地域を担っていく人材を大事に育てることに、とても協力的です。

そこに甘えてはいけないですが、お客様から一緒に育もうねというスタンスでコミュニケーションとって頂けることは、とても感謝しています。

長谷川:
なるほど。インターン生にとっては、とても良い環境ですね。

可野さん
そうですね。でも、学生からしたら結構過酷な環境だと思います。目的がお金を稼ぐことであれば、別の場所を選んだ方が良いというのは面接のときに伝えますね。

お客様対応と言ってもエンスペースの仕事は1に掃除、2に掃除なので、早い段階で自分の企画をやりたいという人などは向いていないかもしれません。

友達と話しているのとは異なる、お客様から360度常に見られている状態に身を置くことによって、はたらく上での緊張感立ち振る舞いを経験したり、将来役に立つかもしれない何かを吸収したり、「お金ではない利益」を得たいと思っている人がエンスペースには集まっています。

長谷川:
そうしたインターン生に対して可野さんなりの接し方、育て方はありますか?

可野さん
私にできることは、学生たちにチャンスを与えて気づくきっかけや機会を提供してあげることだと思っています。なので、答えは言いません。

館内のフィードバックをするときも、「この表記だと誰も気づかないんじゃないかな?」「これで良いんだっけ?」という自分の感想や疑問を投げかけます。

すると、改善しようと思う人もいるし、そうですね、で終わる人もいる。

自ら改善提案をくれる人と、受け身でとくに何もしない人では、当然成長に差がでます。

それに気づいた人が、気づいていないメンバーのことを引っ張っていけたら素晴らしいですが、なかなかうまくいかないときは『お客様により良い体験をしてもらうためにエンスペースには何か必要なのか』というディスカッションを多くするようにしています。

それが、一生懸命仕事に向き合うということだと思っていて、答えをもらうことに慣れ過ぎている人には、修行のように感じるかもしれません。

自分が誰かを守りたいと思ったときや、もっと成長したいと思ったときに、受け身のスタンスでは何も見出すことが出来ないので、そのあたりは厳しく「一緒に考える」というのを徹底しています。

色々なタイプの人がいるので、性質の異なる人同士で同じプロジェクトを組ませたり、動物に例えると、ライオンとウサギが同じ檻の中にいるという状況はよくあります。


あとは、自分一人でなんでも出来る人になることも大切ですが、それ以外に、仲間と一緒にアウトプットできるようになることは、社会に出る前に絶対学んでおいた方が良いと思っています。

そのため、ウサギがライオンと勝負したり、ライオンにうまく自分(ウサギ)を活用してもらうにはどうしたらいいのかを考えたり、ウサギがうまくライオンを動かす方法を経験から学んでおくのは大切です。

どう自分と性質の異なる相手とうまく付き合っていくか。というのを学ぶ時期でもあると思っているので、学生たちには過酷な課題を毎日与えていると思います。

長谷川:
だから過酷と言っていたんですね。たしかに、それはすごく鍛えられそうです。

「正しさより思いやり」

長谷川:
では最後に、可野さんがはたらく上で意識していることを教えてください。

可野さん
私が、日頃みんなに伝えているのは「正しさより思いやり」です。

一緒にはたらいていると、ミスを指摘することは正しいことでしょ?という議論がたまに発生します。

間違いを指摘することは正しいことですが、指摘をする前に普段その人がミスが多い人なのか、それとも珍しくミスしてしまったのか、考えてほしいと思っています。

そうすると、相手によって次のアクションは変わってくるはずで、思いやりを持っていたら相手にかける言葉は、「間違えていましたよ、次から気を付けてくださいね。」ではなく、「どうした?業務量多かった?何か手伝うよ!」といった言葉かもしれません。

第一声にかける言葉が違うだけで、相手の反応も変わってきます。

これが上手にできないと仲間同士の関係性も築けないと思っていて、それはお客様に対しても同じです。

たまに、すべて明文化すれば良いのにと言われることもありますが、人間は100も200もルールを覚えられないですよね。

ルールをガチガチにしてしまうと、ロボットのように決まった回答しか出せなくなり、お客様に合わせた柔軟な対応ができなくなってしまい、enspaaceが大切にしている人間味のあるサービス提供ができなくなってしまうかもしれません。

正論は正しいけれど、必ずしもハッピーになるものだとは思っていないので、まず相手が何を求めているのか、何に困っているのかという相手のことを想像することを、「正しさよりも思いやり」として伝えています。

長谷川:
なるほど、素敵な言葉ですね。可野さん、ありがとうございました!

この記事を書いた人

長谷川 愛梨
長谷川 愛梨
エンライズ通信 副編集長。
新卒でITエンジニアとして入社し、クライアント企業のネットワーク運用業務を担当。 2019年、本社のバックオフィス業務を兼務しながら広報室に就任。

エンライズに興味のある方はこちら

カジュアル面談