ワークブースがやってきた!withコロナにおいて起こったエンライズのオフィスの変化

ワーク

皆さんはコロナによってどのような生活がありましたか?

働き方改革が度々議論される中で、なかなかリモートワークを実現するまでに至らず、新型コロナウイルスの影響によってリモートワークを導入した企業は多いのではないでしょうか?

当社もその中の一社です。コロナによって新しくリモートワークが導入され、現在もリモートワークを推奨しています。

今回は、コロナをきっかけに、エンライズでどのように働き方が変化していったのかご紹介していきます。

ABWという考え方

ABWという言葉をご存知でしょうか?

私も少し前に知った言葉なのですが、「Activity Based Working(アクティビティ・ベースド・ワーキング)」の略で、時間と場所を自由に選択できる働き方のことを意味します。

ABWの考え方ではオフィス以外の場所も働く選択肢となるため、自宅やカフェで働くことを選択することもできます


カフェでパソコン作業をしている人を見る光景は今では当たり前となっていますよね。

withコロナの時代において、自由な働き方を選択をできるというのはとても重要です。

しかし、セキュリティの観点からみると、どこでも自由に働くというのは課題もあります。

たとえば、カフェなどで利用できる無線のフリーWi-Fiは、外出時にインターネットを利用する際にとても便利な半面、暗号化されていないフリーWi-Fiだった場合、通信を簡単にのぞき見をされて、第三者に悪用されてしまう可能性があります。

もちろん、不特定多数の人が出入りする場所でPCを利用するというのは、インターネット上だけでなく、単純に横から画面をのぞき見されてしまうという可能性もあり、いくら気をつけていたとしても、セキュリティ面の不安は残ります。

そのため、エンライズではリモートワークにプラスして、オフィス内での場所を自由に選べるフリーアドレスを導入しました。

リモートワークの導入とオフィスのフリーアドレス化

実は、エンライズのオフィスでは、新しい部署や人員が増えたことによって、オフィスの座席が足りなくなってきていました。

物理的に部屋の中に座席を増やすことができず、どうしようかと悩んでいるときにリモートワークが導入され、オフィスへの出社回数が減ったことでフリーアドレスを実現することができました!

フリーアドレスというのは、個人専用のデスクを廃止して、自由に着席場所を選んで仕事をするスタイルです。

フリーアドレスの導入によって、従来の部署ごとに固まった席から、その日によって異なる部署の人が隣にいたり、回りに誰もいない一人席だったり自分で好きな場所を選べるようになりました。

リモートワーク導入当初は、同じ部署ごとに出社の機会が重なることが多く、出社している人の座席が偏りがちでしたが、自由に席を選べるようになりソーシャルディスタンスも確保されることで、コロナの感染拡大防止にも繋がっています。

オンラインでの打ち合わせ増加によって会議スペースが今まで以上に必要に!

さらに、withコロナの現在は、オンラインでの打ち合わせが当たり前となっています。

以下は、エンライズ社員のオンラインミーティングの頻度について表したグラフですが、約2割程度の人が、ほぼ毎日おこなっていると回答しました。

今までは同じ場所に集まっておこなっていた打ち合わせも、社内外問わずzoomやGoogle MeetなどのWeb会議サービスのツールを使うようになり、新たな問題が発生しました。

ずばり、音問題です!

リモートワークの人が多いと言っても、出社する人が全くいない訳ではありません。

同じ時間帯に近くで打ち合わせをしている人がいた際に、マイクが近くの音を拾って雑音が混じってしまい集中できなくなってしまう、というようなことを防ぐために、静かな場所を求めて1人でも会議室を利用したりするようになります。

今までは3,4人で同じ部屋を利用していたのが、1人で会議室を利用する頻度などが増えると打ち合わせの際に場所が足りない!なんてことが起こるように・・・。

そこで、そんな悩みを解消するために、社内に新しくテレワーク向け集中ブース、通称「ワークブース」を設置しました!!

全体に代表の吾郷の顔スタンプが散りばめられたインパクト抜群のデザインです!

グループミッション『今ここにない未来を創る』、ビジョン『○○*ICT*Glocal』をメインに仕事に対する指針を社内啓蒙するような役割も担うデザインになっています。


こんなに社長の顔があったら集中できない!なんて不安もあるかもしれませんが、中はシンプルなのでご安心を。

働く環境の変化に合わせて、導入されたテレワークブース。

今後も様々な変化に合わせて、柔軟に対応し、働きやすい環境を作っていきます!

この記事を書いた人

長谷川 愛梨
長谷川 愛梨
エンライズ通信 副編集長。
新卒でITエンジニアとして入社し、クライアント企業のネットワーク運用業務を担当。 2019年、本社のバックオフィス業務を兼務しながら広報室に就任。

関連記事

特集記事

TOP