【ENRISEバリュー賞】受賞したのは「ITは苦手」が口癖のエンジニア!?

ワーク

こんにちは、長谷川です。

今回は、前回の記事にてお知らせしていたENRISEバリュー賞の受賞者インタビューをお届けいたします。

今年は、2名の方がENRISEバリュー賞を受賞しました!1人目は、英語力強化PJ発足の記事にてご紹介した桃ちゃん

そして2人目は、今回ご紹介するエンライズソリューション株式会社で部門長を務めているITエンジニアの白山さんです。

ENRISEバリュー賞は、エンライズグループで掲げている5つのバリューを最も体現していた社員に送られる賞で、全社総会にて表彰されるアワードの中で、もっとも注目度が高いものです。

VALUE-01
私たちは、常にプロフェッショナル意識を持ち、一人ひとりが会社を代表する責任感を持って仕事します。

VALUE-02
私たちは、常に顧客第一主義の姿勢で、お客様に信頼され期待されるベストパートナーを目指します。

VALUE-03
私たちは、常にコミュニケーションとチームワークを大切にし、仲間への責任と義務を果たします。

VALUE-04
私たちは、常に法令遵守と情報セキュリティを遵守します。

VALUE-05
私たちは、常にチャレンジ精神を持ち。新しいビジネスを創造し続けます。

周囲と協力して結果を出せたことが受賞に繋がった!

https://enrise-tsushin.enrise-corp.co.jp/wp/wp-content/uploads/2021/03/member-icon-hasegawa.jpg
長谷川

ENRISEバリュー賞の受賞おめでとうございます。ご自身が考える受賞の決め手は何ですか?

https://enrise-tsushin.enrise-corp.co.jp/wp/wp-content/uploads/2021/06/IMG_3116.jpg
白山さん

ありがとうございます。何か1つだけ頑張ったから受賞に繋がったのではなく、1年間を通して色々な活動をやり切ったことが、結果につながったと考えています。

自分ひとりの力ではなく周りの人の協力があってこそ達成出来たことばかりなので、周囲と協力して結果を出せたという部分が受賞に影響していると思います。

ネットワーク+αで何かできるようになりたい

https://enrise-tsushin.enrise-corp.co.jp/wp/wp-content/uploads/2021/03/member-icon-hasegawa.jpg
長谷川

では、色々な活動というのをひも解いていきたいのですが、今の業務はどんなことをやっていますか?

https://enrise-tsushin.enrise-corp.co.jp/wp/wp-content/uploads/2021/06/IMG_3116.jpg
白山さん

今は、DaaS(Desktop-as-a-Service)※を構築したり、サーバーとネットワーク両方の設計構築に携わっています。

前の現場では、一部構築案件もありましたが、ネットワークの運用保守がメインだったので、業務内容としては大きくレベルアップしました。

※DaaS・・・クラウドサービスの一種。パソコンなどのデスクトップ環境をサーバ上に構築し、画面出力を利用者の手元の端末に転送することができる。特定のソフトウェアを端末にインストールすることなく、ネットワークを通じて利用できるのが特徴。

https://enrise-tsushin.enrise-corp.co.jp/wp/wp-content/uploads/2021/03/member-icon-hasegawa.jpg
長谷川

今までやっていたネットワークだけでなくサーバーもやるようになったのは白山さんの希望ですか?

https://enrise-tsushin.enrise-corp.co.jp/wp/wp-content/uploads/2021/06/IMG_3116.jpg
白山さん

はい。ネットワークだけでなく、+αで何かできるようになりたいと思っていたので、現場をローテーションするとき、ネットワークを続けながらサーバーの設計構築ができる現場に入りたいというのを伝え、営業の方たちが探してくれました。

その人に適したアプローチ方法を見極める

https://enrise-tsushin.enrise-corp.co.jp/wp/wp-content/uploads/2021/03/member-icon-hasegawa.jpg
長谷川

部下の指導や育成は、どのような点を意識していましたか?

https://enrise-tsushin.enrise-corp.co.jp/wp/wp-content/uploads/2021/06/IMG_3116.jpg
白山さん

常に「個性を活かす育成」というのを意識しています。
人前で話したりコミュニケーションをとるのが得意な人もいれば、技術的な知識を集めることが得意な人や、インプットは得意だけどアウトプットが苦手な人もいるので、その人に適したアプローチ方法を見極め、最大限生かすことのできるアドバイスを心掛けています。

キャリアアップしていくためのフォローをしてあげたい、という思いがありますね。

新たな領域にチャレンジしていきたい

https://enrise-tsushin.enrise-corp.co.jp/wp/wp-content/uploads/2021/03/member-icon-hasegawa.jpg
長谷川

白山さんはTECHHUB※の教材開発や資格サポートのプロジェクト(以下、PJ)にも入っていますよね。参加のきっかけは何ですか?

※TECHHUB・・・エンライズがHR事業にて展開している「ITエンジニア向け資格取得プラットフォーム」ITインフラに関わる専門分野の資格取得対策をおこなうことが出来るeラーニングサービス。https://www.techhub.tokyo/

https://enrise-tsushin.enrise-corp.co.jp/wp/wp-content/uploads/2021/06/IMG_3116.jpg
白山さん

CLO(Chief Learning Officer)の當麻さんの考え方に共感したのがきっかけです。
エンライズは、DX事業が主軸になっていて、技術をお客様に提供するという仕事をしているので、まず一番に技術力が求められます。

エンライズは、若いエンジニアが多いので、どう技術を追い求めるか、どうスキルアップしていくかを考えたときに、「資格の取得」という答えにたどり着きました。

資格勉強は、技術を体系的に学べて自身の技術レベルを周りに示す指標となります。

TECHHUBはeラーニング教材なので、一度教材を作れば1対nで多くの人に知識を提供することができ、それをビジネスにしていくというのが面白いと思ったので、自分も加わることにしました。

そして、PJの資格サポートを始めたのは、資格取得者が増えれば増えるほど自分も楽になると思ったからです。

自分が教えてCCNPを取った人たちが、さらに別の人に教える。そうして取得者が増えていけば、自分は新たな領域にチャレンジしていけると思いスタートしました。

https://enrise-tsushin.enrise-corp.co.jp/wp/wp-content/uploads/2021/03/member-icon-hasegawa.jpg
長谷川

なるほど。それが、ネットワークだけでなく何か+αの技術を習得したい、という先ほどの話に繋がっていくんですね。

https://enrise-tsushin.enrise-corp.co.jp/wp/wp-content/uploads/2021/06/IMG_3116.jpg
白山さん

はい、ネットワークが軸にあったとしても、システムはそれ以外も含めてトータルでつくられるものなので、何かに固執するのではなく幅広くやっていきたいと思っています。

https://enrise-tsushin.enrise-corp.co.jp/wp/wp-content/uploads/2021/03/member-icon-hasegawa.jpg
長谷川

そうした活動は、業務と並行しておこなっていると思いますが、どうやって自分の中でバランスをとっていますか?

https://enrise-tsushin.enrise-corp.co.jp/wp/wp-content/uploads/2021/06/IMG_3116.jpg
白山さん

正直、PJは仕事という感覚があまりないです。教えることが嫌いじゃないので、資格サポートは良い息抜きになっています。エニアグラムのタイプ2なので、おせっかいなのかもしれないです。

https://enrise-tsushin.enrise-corp.co.jp/wp/wp-content/uploads/2021/03/member-icon-hasegawa.jpg
長谷川

タイプ2は「愛の人」ですね。私もタイプ2なので、つい世話を焼くのは共感できます。

https://enrise-tsushin.enrise-corp.co.jp/wp/wp-content/uploads/2021/06/IMG_3116.jpg
白山さん

あと、自分の中での人材発掘という部分もあります。教えていてセンスがあるなとか、良い着眼点を持っているなとか、将来的に自分がその子の上司になったりする可能性もあるので、どんな子がいるかというのを把握しておくためにも大切な場になっています。

今でも口癖は「ITが苦手」

https://enrise-tsushin.enrise-corp.co.jp/wp/wp-content/uploads/2021/03/member-icon-hasegawa.jpg
長谷川

白山さんがIT業界ではたらくようになったきっかけは何ですか?

https://enrise-tsushin.enrise-corp.co.jp/wp/wp-content/uploads/2021/06/IMG_3116.jpg
白山さん

大学は文系出身で、どちらかというとITは嫌いでした。

好きなものを仕事にして嫌いになるのが嫌だったので、就職するときには苦手だったITを選びました。

仕事だから真剣にやるけれども、始めから嫌いだから、ダメでも仕方ない、やってみた結果、嫌いじゃなければ万々歳という気持ちで始めました。

苦手は当たり前だから、「仕事ができない」と言われても傷つかないし、開き直れる。
でも、この業界を選んだからには、これで食べていこうと思っていました。

https://enrise-tsushin.enrise-corp.co.jp/wp/wp-content/uploads/2021/03/member-icon-hasegawa.jpg
長谷川

独特な仕事の選び方ですね。ちなみに、今の気持ちはどうですか?

https://enrise-tsushin.enrise-corp.co.jp/wp/wp-content/uploads/2021/06/IMG_3116.jpg
白山さん

好きか嫌いかでいうと、今でも分からないです。苦手の意識はまだ払拭できていないので、口癖のように「ITが苦手」と言っています(笑)

苦手な分野だから、他の人よりも頑張らないといけないという気持ちで自分を奮い立たせています。

https://enrise-tsushin.enrise-corp.co.jp/wp/wp-content/uploads/2021/03/member-icon-hasegawa.jpg
長谷川

私は自分に甘い人間なので、素晴らしい考え方だなと思います。白山さんの今後の目標は何ですか?

https://enrise-tsushin.enrise-corp.co.jp/wp/wp-content/uploads/2021/06/IMG_3116.jpg
白山さん

エンライズをみんなが羨ましがる魅力的な会社にしたいと思っています。

会社の規模拡大や、給与アップ・福利厚生面の充実、エンライズの社風をもっと広めて、今以上に高度な技術や知識、ビジネススキルを身に付けられる会社にしていきたいです。

整備するにも順序があると思うので、まずは会社の売上げや利益を増やして、その先により働きやすい社内制度を充実させていきたいと思っています。

そのために、現在進行形で全力で頑張っています。

https://enrise-tsushin.enrise-corp.co.jp/wp/wp-content/uploads/2021/03/member-icon-hasegawa.jpg
長谷川

なるほど。今の取り組みが、この先の会社の利益に繋がっていて「魅力的な会社」実現のための根幹になっているということですね。

https://enrise-tsushin.enrise-corp.co.jp/wp/wp-content/uploads/2021/06/IMG_3116.jpg
白山さん

そうです。あとは、なるべく早い段階で部長という肩書きが欲しいです。
理由は単純にカッコいいから(笑)

それと、最後にもう一つ。部下から信頼される上司でありたいです。

https://enrise-tsushin.enrise-corp.co.jp/wp/wp-content/uploads/2021/03/member-icon-hasegawa.jpg
長谷川

白山さんが部長の肩書きを手に入れる日が楽しみですね。

色々なお話をありがとうございます。
改めて、ENRISEバリュー賞の受賞おめでとうございました!

気軽に話が聞ける!カジュアル面談

今日の記事に登場してくれた白山さんにもっと話を聞いてみたい人がいたら、ぜひお気軽にカジュアル面談にご応募ください♪

この記事を書いた人

長谷川 愛梨
長谷川 愛梨
エンライズ通信 副編集長。
新卒でITエンジニアとして入社し、クライアント企業のネットワーク運用業務を担当。 2019年、本社のバックオフィス業務を兼務しながら広報室に就任。

関連記事

特集記事

TOP