エンライズグループの情報発信メディア
「エンライズ通信」

読みもの

エンライズグループでは、年に1度、グループ全社員を集めて総会を開催しています。

ー2019年 第8期全社総会の様子ー



事業持株会社であり、はじめに設立されたエンライズコーポレーションは今年で10年目を迎えます。

そんな節目の年でもある今年の全社総会は、コロナの感染拡大防止のため、初めてオンラインでの開催となりました!

今回は、2021年6月5日(土)に開催された全社総会の様子を簡単にご紹介いたします。

プログラム①2020年度の事業成果報告および2021年度の事業計画発表

まずは、各会社・部署によって昨年度の事業成果と今年度の事業計画の発表です。

2020年、エンライズグループは、株式会社エンライズコーポレーションを事業持株会社に位置づけ、グループ会社制へと移行しました。

現在、5社のグループ会社があり、5事業11サービスを展開しています。

1.大企業・大手SIer向け技術支援
2.中小企業向けDX導入支援
3.ITアウトソーシングサービス
4.IT・ベンチャー企業向け採用支援
5.ITエンジニア向け資格取得プラットフォーム
6.事業支援型のシェアオフィス・コワーキングスペース
7.格安・スピード名刺印刷と各種デザインカードの制作
8.採用Webサイト・Webデザイン制作支援
9.DX推進に向けたラボ型開発サービス
10.フィリピン事業進出支援
11.英語×IT育成支援




この記事を書いている、わたくし長谷川も広報の発表をおこないました!

総会の資料は社外秘なので、広報室の資料の一部を画像まとめて少しだけお見せします↓

他の部署やグループ会社がどのような取り組みをおこなっているのかを直接話を聞くという機会はなかなか無いので、グループの全体像を掴む良い機会となっています。

プログラム②アワード発表

数年前からはじまったアワード発表は、昨年一年間を通して色々な部門において活躍した人を表彰します。

今年は9つの賞に24名の表彰者が選出されました!中には、3つの賞で表彰された強者も。

9つの賞の中からいくつかをご紹介いたします。

ルーキーズ・オブ・ザ・イヤー

2019年4月〜20年3月に入社したルーキー(新入社員)を対象に、入社してからの成長性・活躍・実績が優れた人を表彰するアワードです。

こちらは、選ばれたのは今回3つの賞で表彰された松本くんです!

松本くんは入社した1年の間に、CCNA(2つの試験に合格)CCNP(3つの試験に合格)の2つの資格を取得しています。

ちなみにCCNA・CCNPとは、世界最大手のネットワーク関連機器メーカーであるシスコシステムズ社が実施する、ネットワークエンジニアの技能を認定する試験で、世界共通基準の資格であり、ネットワークの世界では最も有名な資格となります。

ITエンジニアとして、顧客評価が高いのはもちろん、社内の委員会やプロジェクト活動にも積極的に参加するなどルーキーの中でも抜きんでた存在で、文句なしの三冠となりました!

オンリーワンアワード

ITエンジニアの多いエンライズグループでは、技術のインプットやアウトプットに関する表彰が多いですが、中には「オンリーワンアワード」という、エンライズグループで唯一無二の人を表彰するアワードというのもあります。

今年のオンリーワンアワードは、エンライズグループのWebサイトや販促物などすべてのデザインを担当してくれている田中さんでした!

田中さんは、エンライズ通信のデザイナーとしてメンバーページにも載っていますよ!

ENRISEバリュー賞

アワードの中でも、もっとも注目度が高いのは「ENRISEバリュー賞」というアワードです。

エンライズグループには、5つのバリューがあり、このバリューを最も体現していた社員に送られる賞がENRISEバリュー賞です。

VALUE-01

私たちは、常にプロフェッショナル意識を持ち、一人ひとりが会社を代表する責任感を持って仕事します。

VALUE-02

私たちは、常に顧客第一主義の姿勢で、お客様に信頼され期待されるベストパートナーを目指します。

VALUE-03

私たちは、常にコミュニケーションとチームワークを大切にし、仲間への責任と義務を果たします。

VALUE-04

私たちは、常に法令遵守と情報セキュリティを遵守します。

VALUE-05

私たちは、常にチャレンジ精神を持ち。新しいビジネスを創造し続けます。





昨年の受賞者は1名でしたが、なんと今年は2名も表彰されました。

1人目は、英語力強化PJ発足の際にエンライズ通信でもご紹介した「桃ちゃん」です。

まだ記事を読んでいない方は、ぜひ読んでみてくださいね。

2人目の受賞者は、次回のエンライズ通信にてインタビュー記事を掲載するので、ぜひお楽しみに!

集合写真がとれないのが残念

全社総会実施後のアンケートでは、「オンラインでも問題は無かった」と回答する人が9割を超え、多く大きなトラブルなく、無事終了することが出来ました。

会場での開催を希望する声もありましたが、広い会場でスクリーンに映し出された映像を見るより、オンライン上での画面共有の方が音も聞き取りやすく資料も見やすかったという声が多かったのが印象的です。

ただ、記事の冒頭に載せたような、全員での集合写真をとることが出来ないのが、オンライン開催の残念な点かなと広報視点だと感じました。

ですが、なんとかみんなで写真をとろうと、最後はZoomの画面ごとに何度もキャプチャを撮って集合写真が出来上がりました。

最後に

これからもエンライズグループの取り組みをエンライズ通信でご紹介していきます。

少しでも興味をもった方は、ぜひお気軽にカジュアル面談にご応募ください♪

この記事を書いた人

長谷川 愛梨
長谷川 愛梨
エンライズ通信 副編集長。
新卒でITエンジニアとして入社し、クライアント企業のネットワーク運用業務を担当。 2019年、本社のバックオフィス業務を兼務しながら広報室に就任。

エンライズに興味のある方はこちら

カジュアル面談